CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

CATEGORIES

archives

日本ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
2018.06.15 Friday

ラベンダーの悲劇〜全然成長せず花も咲かない理由とは?〜

0

    JUGEMテーマ:ガーデニング

    JUGEMテーマ:ハーブ

     

    マイガーデンのアプローチに植えている2株のイングリッシュラベンダー。

    ぼさぼさでお恥ずかしいのですが・・・

    • ほのか

     

    • シャインブルー

     

    全然大きさの違うこの2株。

    どちらも昨年の5月頃に購入しました。

    購入時のサイズはほぼ同じくらい。

     

    隣家が建設中で、境界のブロック塀を作り替える予定があったため

    購入時のポットのまま置いておき、冬頃定植しました。

     

    つまり、品種は違いますが、生育環境はほぼ同じ条件の2株なのです。

     

    なのにこの違い。

    ちなみに、シャインブルーも昨年は花が咲いていました。

     

    はじめのうちは、早咲きと遅咲きの違いかな〜なんて思っていたんです。

    でも、ほのかのつぼみが膨らみ始めても、シャインブルーには花芽すらできていない。

    その後も、シャインブルーは全く花をつける気配がありません。

    そうこうするうちにほのかは満開。

     

    近所に早咲きと遅咲きのラベンダーを育ててらっしゃるお宅があるのですが、

    そちらでは遅咲きのラベンダーも満開を迎えています。

     

    なのに我が家のシャインブルーはだんまり。

    枯れているわけではないのに、なんで??

     

    そんな疑問を感じつつも、原因がわからずなすすべもなく見守る日々でした。

     

    ところが、アプローチのレンガ部分と比べて植え込み部分がだいぶ低いので培養土を足し石灰を混ぜようと、2株とも掘り上げてみてびっくり仰天!!

     

    なんとシャインブルーの根の中に大きな白い幼虫がうずくまっていたのです!!!

     

    思わず

    「わあぁっっ!!」

    と叫んでしまいました。

     

    エグイので画像の掲載は控えさせていただきますが、

    (というより、パニックって写真を撮ることなんてすっかり忘れていました。)

    根がこれしか残っていませんでした。

    購入時より根が小さくなってしまっています。

     

    どうやらコガネムシの幼虫が住みついて、根を食べまくっていたようです。

    これでは大きくならず、花も咲かないわけですよね。

    というより、よく枯れずにいたものです。

     

    そういえば、昨年「ふらの」も買ったのですが、春になっても新芽が出ませんでした。

    東京の気候には合わなかったのかと思っていましたが、もしかしたらこちらもコガネムシにやられていたのかもしれませんね。

    そして、ふらのを食べつくしてシャインブルーの根に引っ越して来たのかもしれません。

    もう抜いて捨ててしまったので確かめようもありませんが。

     

    ということは、もしかしたら我が家でもふらのを育てることはできるのかもしれませんね。

    再チャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

     

    こんなふうに大切な花の根を食べてしまうにっくきコガネムシの幼虫ですが、実は土を良くしてくれるというありがたい面もあるそうです。

    使い古しの土に入れておくと、土の中に残った根などを処理してくれるそうです。

    ですから見つけた瞬間捨てたりしないで、植物男子ベランダーで言うところの「死の土の鉢」にでも入れて育てておけばよかったかもしれません。

    次に見つけたらそうしようと思います。

    それに備えて「死の土の鉢」も作っておかなければ。

    あれ?でもよく考えたらその鉢で成虫になったコガネムシはまた庭や花壇の土に卵を産み付けるわけですよね。

    うーん。。。

    アユやサケのように、自分が産まれた鉢に戻ってきて産卵してくれたらいいのですが。

     

    余談ですが、「しゃいんぶるー」と入力して変換したら「社員ブルー」となってしまいました。

    会社の植え込みにはあまり植えたくない品種ですね。。。

     

     

     

     

     

    ランキングに参加しています。

    ワンクリック応援して下さると嬉しいです。

    よろしくお願いします。


    花・ガーデニングランキング

     

    にほんブログ村 花・園芸ブログへ
    にほんブログ村


    2018.06.14 Thursday

    切り花にするとかわいいシロタエギク(ダスティーミラー)

    0

      JUGEMテーマ:ガーデニング

       

      敷地角の隅切りスペースに植えているシロタエギクが、

      伸び放題伸びて暴れまくっています。

       

      植えた時はこんなに小さかったのに。

       

      半年後の春もまだまだかわいかった・・・

       

      それから1年で

      地植えにしたら巨大化すると言われるコニファーが

      シロタエギクに埋もれて全然大きくなりません。

       

      そういえば、息子の幼稚園の近くのお庭にこんなふうに巨大化したシロタエギクが植わっていました。

      当時マンション住まいで、まさか戸建てに越してガーデニングをすることになるなんて思ってもいなかった私は、

      「シロタエギクって放っておくとあんなに大きくなるんだ〜」

      なんてのんきに思っていましたが、

      放っておかなくても巨大化するんですね。

      しかもたった1年ちょっとで。

       

      もともとは2株植えていたのですが、

      切っても切っても伸びてくるので                       

      隣家の敷地に接している方の株は抜きました。

       

      抜いた株は裏手の通路へ。

      1日1〜2時間くらいしか日が当たらない半日陰で、

      つい先日まではローズマリーを植えていたのですが、信用できる花屋さんで購入した苗にもかかわらず植えてから1年以上たつのに一度も花をつけたことがありません。

      あまりに貧乏くさくヒョロヒョロと伸びるので抜いて日向に植え替え、リハビリ中です。

       

      そんな過酷な場所なのでシロタエギクも花はつけないかもしれませんが、カラーリーフとしても十分きれいなので、

      しばらくはここにいてもらうことにしました。


      それにしても、いったいこれまでどれだけの茎を切って捨てたことでしょう。

      はじめは部屋に活けたり吊るしてドライにしたりしていたのですが、途中からはあきらめて捨てるようになりました。

       

      そして今年の春。

      本当は2本とも抜いてしまおうと思っていたのですが、うかうかしていたら花芽が上がってきてしまったのです。

      そうなると抜くのも忍びなくて、仕方ないので隣地側の1株だけ抜き、残ったほうはしばらくはそのままにしておいて花が終わったら抜くことにしました。

       

      シロタエギクの花って、

      大きなハハコグサみたいでよく見るとかわいいのですが、

      地味ですよね。

      近所の園芸好きのおばあちゃまに

      「珍しい花ね〜」

      なんて言われましたが、花壇などではカラーリーフとして植えられているので花が咲いているのを見たことがなかったのだと思います。

      つまり花としての観賞価値は認められていないということなのだと思うのですが、

      沢山咲いたので部屋にも活けてみました。

       

      あらまあ、かわいい!!

      鮮やかな緑とあわせると、シロタエギクの黄色と白っぽい灰緑がとても映えます。

       

      シロタエギクとかカレープラントとか、シルバーリーフに黄色い小花が咲く花っていくつかありますが、

      白っぽい葉に黄色い花がイマイチあっていないというか、どちらも薄い色で映えないんだな〜と思いました。

       

      ミントやデンタータラベンダーと合わせたら、

      すっごく素敵!!

      野の花のような素朴でナチュラルな雰囲気、

      私の好みにドンピシャです。

       

      花が終わったら裏の通路か北側で日陰の人生を送ってもらうつもりでしたが、葉よりむしろ花を楽しみたくなってしまいました。

      とはいってもこの場所では限界なので、

      庭内に植える場所を考えようと思います。

       

       

       

      ランキングに参加しています。

      ワンクリック応援していただけると嬉しいです。

      よろしくお願いいたします。


      花・ガーデニングランキング

       

      にほんブログ村 花・園芸ブログへ
      にほんブログ村


      2018.06.13 Wednesday

      パセリを大量消費〜パセリご飯の作り方〜

      0

        JUGEMテーマ:ハーブ

         

        昨日はパセリの花をご紹介しましたが、

        今日は、パセリの利用法として、パセリご飯の作り方をご紹介させていただきます。

         

        パセリって育てやすくてどんどん生えてくるし、栄養価も高いので積極的に食べたい野菜ですが、なかなかそんなに沢山使えませんよね。

        でも、パセリご飯にすると大量に消費できちゃいます。

        しかもとっても美味しいので、はまると生えてくるのが追い付かないほどです。

        去年は息子に

        「パセリご飯作って!」

        とせがまれても

        「生えてくるまで待ってね〜。」

        とすぐには作れないほどでした。

         

        ではまず、パセリはどのくらい栄養価が高いのでしょうか?

         

        • パセリの栄養価

         

        パセリは人参に次いでβカロチンが豊富で、その含有量はホウレンソウより上です。

        また、多くのビタミンを含んでおり、特にビタミンCはレモンより多いのです。

        パセリが美白に良いと言われているのはそのためなんですね。

        さらに、鉄分やカリウムなどのミネラルも豊富。

        発がん抑制や動脈硬化の予防が期待されているクロロフィルも含んでいます。

         

         

        • パセリご飯の材料

         

        ・パセリ みじん切りにしてお玉1杯くらい(お好みで)

        ・ご飯(冷ご飯でもOK) 茶碗に3〜4杯

        ・コーン 小さめの缶1缶

        ・バター 適量

        ・塩(クレージーソルトがおすすめ)適量

         

         

        • パセリご飯の作り方

         

        1. パセリは洗ってみじん切りにします。
        2. フライパンにバターを溶かし、ご飯とコーンを炒めます。
        3. ご飯がパラパラになってきたら、パセリを入れてさっと炒めます。ビタミンCは熱に弱いので、炒めすぎないようにしてくださいね。
        4. 塩で味をつけます。

         

        器に盛って完成です!

        とっても簡単ですよね。

        作り方というほどたいそうなものでなくてすみません。

         

        お好みでベーコンやみじん切りの玉ねぎを加えても美味しいですよ。

        これを作ると小学生の息子も大喜びでモリモリ食べてくれました。

         

        パセリ育てているけど食べきれないという方は、ぜひぜひ試してみてくださいね!!

         

        それでも食べきれないときはみじん切りにして冷凍しておくと、

        使いたいときに好きなだけ使えて便利ですよ。

        うちでは万能ねぎやシソも冷凍しています。

         

         

        ランキングに参加しています。

        ワンクリック応援よろしくお願いいたします。


        花・ガーデニングランキング

        にほんブログ村 花・園芸ブログへ
        にほんブログ村


        2018.06.12 Tuesday

        パセリの花

        0

          JUGEMテーマ:ガーデニング

          JUGEMテーマ:ハーブ

           

          パセリの花が満開です。

           

          パセリの花ってあまり見る機会がありませんよね。

          花屋さんでは売っていないし、花が咲くと葉が美味しくなくなってしまうので、

          食べるために栽培する場合は花芽ができたら切ってしまいますものね。

          私も昨年は切っていたのですが、今年はうっかりしていたら花芽が伸びてきてしまいました。

          ある程度大きくなると、切るのがかわいそうになってしまうんですよね〜。

          それに息子にパセリの花を見せたいとも思ったので、今年は花を咲かせてみました。

           

          葉の様子からはあまり大きくなりそうに見えないパセリですが、

          実際は結構大きくなるんです。

           

          モシャモシャっとした葉の中からスッと伸びた花茎の先に

          黄色い線香花火のような花をつけます。

          何かの花に似ていますね。

           

          パセリはセリ科の植物ですが、セリ科には

          • フェンネル
          • ディル
          • コリアンダー(パクチー)
          • レースフラワー
          • オルレア
          • 人参

          などがあります。

           

          どれも、切れ込みの入った葉と、長く伸びた茎の先端に花火のような花をつけるところが共通していますよね。

           

          余談ですが、八百屋さんでは仲間の人参と大根ですが、花屋さんでは仲間ではありません。

          大根はアブラナ科でキャベツや菜の花の仲間です。

          春に土手や空き地などに咲く浜大根やムラサキハナナ。

          よく大根花なんて言われますが、形は菜の花とそっくりですよね。

           

          話がそれてしまいましたが、

          茎が伸びてくると葉の様子が変わってきます。

          縮れがなくなり、セリ科特有の葉が出てきます。

           

          先の方へいくとこのような松葉みたいな葉が出てきます。

          それも必ず3本1組で。

          こうなるともう、サンドイッチの横に乗っているパセリとは全然違って、

          切り花になっていたらパセリとは気づきませんね。

           

          植物って本当に面白いな〜と思います。

           

           

          さて、お花もバッチリ楽しめましたのでそろそろ食べるモードに戻したいのですが、

          一度刈り込んで坊主にしてしまえば、新しく出てきた葉は美味しいのでしょうか??

           

           

          ランキングに参加しています。

          ワンクリック応援よろしくお願いいたします。


          花・ガーデニングランキング

          にほんブログ村 花・園芸ブログへ
          にほんブログ村


          2018.06.08 Friday

          おすすめの虫よけスプレー

          0

            JUGEMテーマ:ガーデニング

             

            夏の庭仕事の大敵と言えば、

            暑さとか

            日焼けとか

            いろいろありますが、

            一番の敵は・・・

             

            蚊!

             

            蚊!!

             

            蚊!!!

             

            ではないでしょうか。

             

            今年は気温が高いせいか、例年より蚊の出現も早い気がします。

             

            私は特に蚊に刺されやすい体質らしく、

            息子と散歩に行っても刺されるのは私だけ。

            「子供の方が刺されやすいから子供と一緒にいると刺されない」

            というのは絶対に嘘です!

             

            そんな私にとって、虫よけスプレーは庭仕事の必需品です。

             

            でも、虫よけスプレーって、臭いが苦手なんですよね。

             

            最近はオーガニックの虫よけとか、ハーブの虫よけとかもありますよね。

            私も一時期使っていました。

            オーガニックっぽいボトルの虫よけ。

            確かにハーブらしくとても爽やかな良い香りで癒されました。

             

            でも。

            効きはイマイチなんですよね〜。

            おそらく、普通の地域で普通の人が使う分には効くんだと思います。

            ところが、うちのあたりの蚊は超強力なんですよ。

            大きいですし。

            それはもう、体の縞模様までくっきりはっきりと見えるほど。

            子供のころからここに住んでいる私はそれが普通の蚊なのだと思っていましたが、

            ママ友たちはみな最初驚いたそうです。

            そんな強力な蚊が飛び交っている地域で、私のように刺されやすい人間には、

            刺激の少ないオーガニックの虫よけでは気休め程度にしかなりません。

             

            また、最近はブレスレットタイプやシールタイプのものもありますが、

            腕にはめていても足を刺されたりとか。。。

             

            そんなわけで昔からの虫よけスプレーをずっと我慢して使っていたのですが、

            先日買ってきた虫よけがとても良い香りだったんです。

            しかも効果はしっかり強力です。

             

            その虫よけが

            「アース サラテクト ウォーターミスト フローラルソープ」

             

            パッケージにフローラルソープのみずみずしい香り

            と書いてありますが、

            本当にお風呂に入った後のような良い香りなんです。

             

            人と会う約束がある日って、朝の庭仕事の時に虫よけをかけるのを躊躇してしまいませんか?

            特にランチの約束の場合、虫よけの匂いをプンプンさせていくのはちょっとな〜って。

             

            でも、このスプレーなら気にせずに使えちゃいます。

            香りって人それぞれ好みがありますが、石鹸の香りが嫌いな人っていませんよね。

             

            もう一つ嬉しいのが、この虫よけはミストタイプなんです。

            缶のスプレーって、空気中に広がって吸い込んでしまいませんか?

            私はいつも息をとめてスプレーしていました。

             

            でもこちらはミストタイプなので、霧吹きみたいな感じでかけたいところだけにかけられるんです。

            これまでミストとスプレーの違いなんて知りませんでしたが、ミストっていいなと思いました。

             

            これから虫よけを購入される方は、参考にしていただければ幸いです。

             


            花・ガーデニングランキング


            2018.06.07 Thursday

            ラベンダーリース、乾燥後

            0

              JUGEMテーマ:*リース*

              JUGEMテーマ:ガーデニング

              JUGEMテーマ:ハーブ

               

               

              先日ご紹介したデンタータラベンダーの茎のリースの作り方

              http://forgetmenot82.blue/?page=2&cid=5

               

              その後の様子をご紹介させていただきますね。

               

              • 作った直後

               

              • 2週間後

              お花を付けたほうがこちら。

              花ガラが茶色くなってしまっていますが、フリンジの部分はきれいな紫色が残っていますね。

               

              麻紐はきつめに巻いたのでそんなに緩んでいませんが、

              ゆるんでいるようでしたら少しずつひっぱって巻きなおしたほうがいいと思います。

               

              • レースでアレンジ

               

              このまま飾っておいてもナチュラルでいいのですが、レースのリボンを巻いてみることにしました。

              いきなりほぼ完成の写真で申し訳ありません。

              でも、ただグルグル巻きつけただけなもので。

               

              巻き終わりはホチキスで止めました。

               

              リースに巻いたのより太めのリボンでちょうちょ結びを作ります。

              グルーガンでつけるのが簡単ですが、古くなったらリメイクできるように紐でつけたいので

              結び目に紐を通しておきます。

              好みの位置につけて後ろで紐を結べば完成です。

              白いレースで夏らしいリースになりました。

               

              • ひと月経ったラベンダーのリース

               

              ちなみにこちらはひと月ほど前に作った、花も一緒に巻き込んだラベンダーリースです。

              カラカラになっても茶色くはならず、落ち着いたモスグリーンになっています。

              残念ながら花は下に垂れ下がってしまっていますが、

              花の紫色はがきれいに残ってアクセントになっていますね。

              花がぶら下がっている様子も、庭で摘んだ草をグルグル巻いてみました〜という田舎くさい雰囲気で

              私は嫌いじゃないのですが。。。どうでしょうか?

              お花はベースに巻き込むとどうしてもたれてきてしまうので、

              やはり別につけたほうが無難かもしれません。

              もっと紐の間隔を狭くしてしっかり巻き込み、平らな所に置いて乾かせば

              きれいにできるかもしれませんね。

              来年試してみようと思います。

               

              • まとめ

               

              これらのリース、ラベンダーをたっぷり使っているので乾燥してもとても良い香りです。

              このまま飾っておいてもいいし、しばらく飾った後は砕いてポプリにしたりハーバルバスにしてもいいですね。

              また、このままとっておけばクリスマスのリースベースとしても使えると思います。

               

              リースベースというと藤や葛などのツルで作るイメージですが、草でもしっかり作れるんですよ。

              しかも良い香りのするリースベースなんて素敵ですよね!

              東京も梅雨入りしましたし、ラベンダーの剪定時期ですので、ぜひ試してみて下さいませ。

               

              作ってみたよーなんていうコメントをいただけたらとっても嬉しいです!


              花・ガーデニングランキング

               

              にほんブログ村 花・園芸ブログへ
              にほんブログ村


              2018.06.05 Tuesday

              ペニーロイヤルミントを地植えにしたら・・・

              0

                JUGEMテーマ:ハーブ

                JUGEMテーマ:ガーデニング

                 

                秋以降長らくサボっていた庭仕事。

                暖かくなって雑草が一気に伸びだして、さすがに放っておくわけにもいかず手入れを始めました。

                当然のことながらまずは雑草抜きです。

                ところが、庭の入り口に植えた覚えのない草が。

                (見つけた時はまだこんなに大きくありませんでしたが)

                庭に生えるレギュラー雑草ではないし、この辺りでは見かけない草です。

                 

                ちょっとミントに似ているような気がして香りを嗅いでみたところ、

                なんと、ほんのりミントのような香りがします。

                でも香りも葉の特徴もうちにあるミント達とは違うのです。

                ちなみにうちにあるのは

                • キャンディーミント
                • スペアミント
                • アップルミント
                • チョコレートミント

                ですが、キャンディーミントとチョコレートミントとは色が違いますし、

                アップルミントとスペアミントとは葉の様子が明らかに違います。

                また、上記のミントは香りも特徴的ですので間違うことはなさそうですよね。

                 

                と、そこでふと思い出しました。

                 

                そういえばペニーロイヤルミントがあったはず。

                この子です↓↓

                慌てて昨年植えていた鉢を見てみましたが、何も生えていません。

                というか、茶色く枯れてしまっています。

                 

                実は、ズボラガーデナーの私は晩秋から早春までの半年近く、

                一度も鉢植えたちに水やりをしなかったのです。

                あまりに放置しすぎて、何を育てていたかも忘れる始末。

                 

                やっぱり枯れてたか〜。

                そもそも、半年も放置されて上記のミント達が生きていたことの方が奇跡ですよね。

                 

                で、最初の疑問に戻ります。

                あの草は一体何なの?

                庭の入り口に2本生えており、1本は上の鉢を吊るしていた場所なので

                ペニーロイヤルがこぼれたのかとも思ったのですが、

                茎の先に小さな花芽らしきものがついていたので違うかなと思っていました。

                というのも、私の記憶ではミントって種をまいて1年では花をつけなかったような気がしたからです。

                 

                そんなわけで結局何かわからないままでしたが、

                花が咲けばわかるということで、開花を待つことにしました。

                 

                それから数日。

                玄関前の木箱にまとめて入れていたポット植えの苗の一つにペニーロイヤルミントがいるじゃありませんか。

                しかも花芽もだいぶ大きくなって、もうすぐ咲きそうです。

                ???

                じゃあ、あのティーポット型の鉢で枯れていたのは誰?

                 

                細ーいほそーい記憶の糸を手繰ると、どうやらペニーロイヤミントの花が終わったので

                何か秋に咲いていた花のポットと入れ替え、ペニーロイヤルのポットは木箱に放り込んでおいたような気がしてきました。

                 

                木箱には、花の終わったポットだの、

                買ってきて定植を待っているポットだの、

                元の住人は枯れて雑草にとってかわられたポットだの

                そんなのがごちゃっと入っているので他の草に紛れて気づかなかったのです。

                 

                「あらま〜生きていたのね〜」

                なんて感動を覚えつつ、さっそく謎の草と比べてみることにしました。

                すると、葉も香りもそっくりです。

                先日嗅いだ時はほんのりだった香りは、大きくなってきたからかはっきりとミントとわかる香りになっていました。

                つまり、

                ペニーロイヤルミント決定です。

                 

                それからさらに1週間ほど

                 

                 

                もう比べるまでもなくわかりますね。

                間違いなくペニーロイヤルミントです。

                 

                1年では咲かないと思い込んでいたのは、30年前に種をまいたときは

                秋播きをしたためだったのだと思います。

                秋播きの場合は花が咲くのが翌々年の春ですから。

                 

                さあどうしましょう。

                 

                けっして地植えしてはいけないと言われるミント。

                植えたら最後末代までたたられるというミント。

                抜いても抜いても生えてきて、一生後悔させられるというミント。

                 

                そんなミントが勝手に地植えになってしまっていました。

                 

                それにしても、こんなに簡単にこぼれ種で増えるとは驚きです。

                だって他のミントは増えていませんし。

                こぼれ種で毎年咲くという評判の

                ジャーマンカモミールや

                ヤグルマギクや

                コリアンダーや

                ネモフィラはほとんど出てきてくれなかったのに。

                恐るべき繁殖力です。

                 

                もっとも、ペニーロイヤルミントはグランドカバーとして使われることもあるようですし、他のミントに比べれば成長が緩やかでとんでもないことにはならないと書いてあるサイトもあります。

                とてもかわいらしい花が咲くので、

                メインエリアの端の方にグランドカバー代わりに地植えしてしまおうかな〜と思ったこともあったのですが、勇気がありませんでした。

                だってやっぱり、ミントです。怖いです。

                 

                まあこれをきっかけにチャレンジしてみてもいいのですが、生えてほしいのはここじゃないんですよねぇ。

                 

                せっかくつぼみを沢山つけているのでとりあえずお花が咲くまではこのままにしておき、

                花が終わったら移植しましょうか。。。

                 

                ランキングに参加しています。

                ワンクリック応援していただけると嬉しいです。

                よろしくお願いいたします。


                花・ガーデニングランキング

                にほんブログ村 花・園芸ブログへ
                にほんブログ村


                2018.06.04 Monday

                プライバシーポリシー

                0
                  ▼広告の配信について
                  
                  当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)
                  
                  の提供する広告を設置しております。
                  
                  その広告配信にはCookieを使用し、
                  
                  当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
                  
                  DoubleClick Cookie を使用することにより、
                  
                  GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへの
                  
                  アクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上で
                  
                  お客様に表示できます。
                  
                  お客様は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、
                  
                  インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を
                  
                  無効にできます。
                  
                  また aboutads.info のページにアクセスして頂き、
                  
                  インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の
                  
                  Cookieを無効にできます。
                  
                  その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、
                  
                  Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

                  2018.06.03 Sunday

                  根性ランタナ

                  0

                    JUGEMテーマ:ガーデニング

                     

                    2年前に息子にせがまれてしぶしぶ買ったランタナ七変化。

                     

                    木になって巨大化されると困るので、

                    買ったときのポットのまま置いておきました。

                     

                    いえ、嫌いというわけではないんですよ。

                    どちらかというと好きな花です。

                    私の大好きなピンク色だし、咲き進むにつれて色が変わっていく様子もかわいいし、花期も長い。

                    でもね。

                    都会の住宅地特有の、分割して売りに出された狭小地の我が家。

                    低木になってしまうような花はよっぽど好きでたまらないものでなければ植えられません。

                     

                    それにうちは赤毛のアンがテーマのカントリーハウス・・・のつもりです。

                    庭も、ラベンダーなどのハーブや野の花のような素朴な雰囲気の花を中心に植えています。

                    だから、常夏カラーのランタナはちょっと雰囲気が違うんですよね。

                     

                    そんなわけで、花が終わったら枯れることを期待して秋以降は水もやらずに放置。

                    春になって息子に

                    「ランタナまた咲くかなぁ?」

                    と言われても、

                    「南国の花だから冬越しできなかったんじゃない?」

                    とごまかしていました。

                     

                    ところが、捨てようと思ってポットを手に取ったら新芽が出ているのを発見。

                    捨てられなくなり、そのまま一夏。

                    そして花が終わったらまた放置。

                     

                    今回は大きい鉢の影の、日も当たらず水もかからない場所に転がしておいたので、さすがに春になっても芽が出なくてすっかり枯れてしまった様子。

                    意外としぶとく覚えている息子と昨年と同じ会話を繰り返しながら、

                    これでようやくさよならできると思っていたのですが、

                    なんと!5月に入ってから針の先ほどの小さな小さな新芽を発見!

                     

                    2年間に及ぶランタナと私の戦いはランタナの完全勝利です。

                     

                    今年はさすがに庭の片隅に植えました。

                     

                    片隅といってもそこは、道に面した南向きのとても日当たりの良い場所。

                    たっぷりの日光を浴びたとたん、今までため込んでいたエネルギーを一気に放出するかのようにどんどん葉を広げていきます。

                     

                    とりあえず夏の間は日当たり最高の一等地で道行く人の目を楽しませてもらい、

                    夏が終わったら庭の内側の邪魔にならないところに移植しようと思います。

                     

                     

                    ランキングに参加しています。

                    ワンクリック応援よろしくお願いいたします。


                    花・ガーデニングランキング

                     

                    にほんブログ村 花・園芸ブログへ
                    にほんブログ村


                    2018.06.01 Friday

                    カシワバアジサイの簡単リース

                    0

                      JUGEMテーマ:*リース*

                      JUGEMテーマ:ガーデニング

                       

                      カシワバアジサイがきれいな季節ですね。

                      以前はこんなに見かけなかったと思うのですが、最近すごくよく見ますよね。

                       

                      • カシワバアジサイが人気の理由

                       

                      白くて清楚な花は洋風のお庭にも合うし、日陰でも見事な花を咲かせてくれるし、

                      流行る理由がわかる気がします。

                      現代の住宅街は立て込んでいて、十分に日光があたるお宅は少ないですからね。

                       

                      かくいう我が家も北側の通路に植えています。

                      建物にはさまれた狭い通路で、あたるのはほんの少しの朝日と西日のみ。

                      ダメ元で植えたルピナスは全く大きくならずに消えました。

                      どこにでも生えると悪名高いナガミノヒナゲシさえもヒョロヒョロ。

                      地面はドクダミとシダとゼニゴケに覆われています。

                      そんな過酷な場所で肥料ももらえずに放置されていてもこうして美しい花をつけてくれるのですから本当に良い子です。

                       

                      また、カシワバアジサイはドライフラワーとしても人気ですよね。

                      ドライにしたアジサイはリースやスワッグを作ったり、そのまま花瓶に飾ったり、

                      花房だけをかごに入れても素敵ですよね。

                       

                      ・・・と言いつつ、実はカシワバアジサイのリースって作ったことがないので、

                      作ってみることにしました。

                       

                      といってもまだドライフラワーにするには時期が早いので、去年のドライフラワーを使います。

                      作り方はとっても簡単。

                       

                      • カシワバアジサイのリースに必要な材料

                       

                      ・リースベース

                      これは何年か前に葛のツルで作ったリースベースです。

                      葛のツルの採取時期は秋なので、

                      その季節にまとめて作っておくと使いたいときに使えて便利ですよ。

                      最近では100円ショップでも売られていますが、

                      売られているベースはきれいに編まれすぎていて素朴な感じが出ないのと、太さがあるのでグルーガンで飾りをつける時にはつけやすいのですが、

                      ワイヤーやひもではつけにくい時があります。

                       

                      ・麻紐、もしくはワイヤー

                      ・お好みでリボン、レースなど

                       

                      • カシワバアジサイのリースの作り方

                       

                      ベースに花をつけていきます。

                      カシワバアジサイは一房がとても大きいので、

                      小房に分けてつけます。

                      ワイヤーの方が簡単ですが、リース作りの時期ではないため手近になかったので麻紐で結び付けました。

                      もちろんグルーガンでもOKですよ。

                      ただ、私は貧乏性なもので、

                      古くなったらリメイクできるようにワイヤーでつけることが多いです。

                      面倒な時やデザインによってはグルーガンも使いますけどね。

                       

                      こんなふうに何房かに分けてつけていきます。

                       

                      つけている時や切った時に落ちてしまった花は、

                      最後にバランスを見て差し込めばOKです。

                       

                      そしてツルの間に麻紐を通して

                      下げる部分を作れば完成です。

                      今回はお花は一か所にして

                      ツルを残すデザインにしてみました。

                      これでしたらお花も少なくてすむし、

                      あっという間にできてしまいます。

                       

                      お好みでリボンやレースをつけても素敵ですよ。

                       

                      • まとめ

                       

                      いかがでしたか?

                      今回使った材料は

                      ・ドライフラワー

                      ・リースベース

                      ・麻紐

                      の3つだけ。

                       

                      時間も10分ほどでできてしまいました。

                      写真を撮らなかったら5分でできるかも。

                       

                      アジサイのリースって難しそうに見えますが、意外と簡単にできちゃうんです。

                       

                      今回はカシワバアジサイのドライフラワーを使いましたが、

                      アナベルなど他の種類のアジサイでも同じようにできますよ。

                       

                      皆様もぜひ作ってみてくださいね。

                      作ってみたよーのコメントいただけたらとっても嬉しいです!

                       

                      日陰でも咲いて、手間もかからず、花期も長い。

                      さらにドライフラワーとしても楽しめるカシワバアジサイ。

                      とってもオススメです!

                       

                       


                      花・ガーデニングランキング


                      | 1/3PAGES | >>